趣味的特撮ヒーロー観賞。

大和

特撮ヒーローがやられる場面や敗北場面、珍しい場面などを時々想像を交えて画像で紹介

「ギンガグリーン、貴様のトドメは私が刺す。」と星獣戦隊のギンガグリーンを宿敵として執拗に付け狙う敵の女戦士シェリンダが現れた。そして、尊大に言う。「その体では満足に戦えない。だが手加減はしない。それが宇宙海賊の流儀だっ。」この時、ギンガグリーンの身体は敵の魔人の力によって、石化が進行していたのだった。すでに右手と左足が石に変わり、あと1時間ほどで全身に及ぶという切羽詰まった状況にあったのだ。女戦士...

バルタン星人似のセミ型怪人の前に、黒いボディのヒーローが敢然と立ちはだかった。そのヒーローは声高に自ら名乗った。「仮面ライダーブラックっ」怪人は、洗脳したバイオリニストの女性たちを使って、怪音波を発生させ、人々を苦しめていた。仮面ライダーブラックは彼女たちを救うべく、猛然と挑みかかった。しかし、ライダーが怪人に打撃を加えると、なぜか女性が悲鳴を上げる。事態がのみこめず、攻撃の手を止めた。「そうか、...

オレは宇宙最強の存在となった。今、それを証明してやる・・・。以前、ゴセイジャーが退けたはずの敵の幹部が地球に再来。ゴセイレッドが敗北を喫し左腕に重傷を負わせた因縁の敵だ。敵の狙いはそのゴセイレッド打倒だった。ゴセイレッド以外の天装戦隊のメンバーは、奴の襲撃を受け戦闘不能となり戦線を離脱を余儀なくされたため、残ったゴセイレッドが一人で敵に立ち向かう。敵自ら「最強」というだけに、ゴセイレッドは圧され気...

爆破テロを起こそうとしているテロリストらの前に、2人のヒーローが立ちはだかった。彼らはひょんなことでスーパー能力を得て変身した兄弟戦士、マックススマン1号(兄:左)と2号(弟:右)であった。兄よりも高い能力を持つマックスマン2号が、ヒーローの能力を発揮して、鉄棒を手に襲い掛かってくる下っ端を次々と打倒。そして、ただ一人となったリーダ格の男に挑みかかった。が、鉄棒を男に片手で受け止められてしまった。「何...