趣味的特撮ヒーロー観賞。
大和

特撮ヒーローがやられる場面や敗北場面、珍しい場面などを時々想像を交えて画像で紹介

ピンチ、宇宙刑事シャリバンの処刑執行!ヒーロー無力ヤラレ

2015年06月14日
特撮ヒーローの敗北、やられ場面 2
メタルヒーロー「宇宙刑事シャリバン」は個人的に好きなヒーロー戦士の一人。作品としても子供番組としては勿体ないくらいの深みがあってお気に入り。今回は、そのシャリバンをして「もうお陀仏かと思った。。。」と言わしめたほどの大ピンチに陥ったヤラレ場面を取り上げます(40話)。

敵の企みに気付いたシャリバンは、逃げる敵怪人を愛車「モトシャリアン」で追跡(ちょい”透け面”)。

宇宙刑事 シャイダ― ヤラレ ピンチ 爆破 ヒーロー 戦士


しかし、それは敵の罠だった。シャリバンはモトシャリアンから吹き飛ばされ、一人敵の誘導で地底深くに落下。

宇宙刑事 シャイダ― ヤラレ ピンチ 爆破 ヒーロー 戦士


落ちた先は敵の地底基地、間髪入れずシャイダ―の両手、両足が拘束され、磔状態にされてしまう。

宇宙刑事 シャイダ― ヤラレ ピンチ 爆破 ヒーロー 戦士
宇宙刑事 シャイダ― ヤラレ ピンチ 爆破 ヒーロー 戦士

シャリバンはもがいてみるも、まったく身動きができない。
「シャリバン!最期の時が来た。」と、闇の中より現れたるは敵の女幹部。
続けて曰く、「お前を処刑し、地震発生装置を作動させ、地獄に送り込んでやるっ!」

宇宙刑事 シャイダ― ヤラレ ピンチ 爆破 ヒーロー 戦士

「処刑開始っ!」
すぐに、女幹部の命令が下された。


昭和特撮文化概論 ヒーローたちの戦いは報われたか

レーザー銃が不気味に動き始め、磔のシャリバンの心臓に照準を合わせる。さすがのヒーローにも緊張と恐怖が走る。すかさず光線が照射され、シャリバンの絶叫とともに真紅のコンバットスーツが爆発、炎が上がる。「モトシャリアン~」と愛車を呼ぶも、反応はなし。

宇宙刑事 シャイダ― ヤラレ ピンチ 爆破 ヒーロー 戦士
宇宙刑事 シャイダ― ヤラレ ピンチ 爆破 ヒーロー 戦士

一旦、照射が止めれられる。シャリバンのスーツからは白煙が立ち昇りダメージは大きい。
「喚くがいい、うんと呼ぶがいい。アハハ、アハハ・・・・」
ヒーロー戦士に対する優越感で 女幹部の高笑いが基地に響く。

宇宙刑事 シャイダ― ヤラレ ピンチ 爆破 ヒーロー 戦士

敵はレーザー光線を照射を再開しシャリバンの処刑を続行。再びスーツが大爆発を起こし、衝撃でシャリバンの身体が仰け反る。

宇宙刑事 シャイダ― ヤラレ ピンチ 爆破 ヒーロー 戦士
宇宙刑事 シャイダ― ヤラレ ピンチ 爆破 ヒーロー 戦士

自力ではどうしようもないシャリバンが頼れるのは愛車のみ。もがき苦しみながら、その名を何度も呼び続ける。

宇宙刑事 シャイダ― ヤラレ ピンチ 爆破 ヒーロー 戦士
宇宙刑事 シャイダ― ヤラレ ピンチ 爆破 ヒーロー 戦士
宇宙刑事 シャイダ― ヤラレ ピンチ 爆破 ヒーロー 戦士
宇宙刑事 シャイダ― ヤラレ ピンチ 爆破 ヒーロー 戦士

なかなかモトシャリアンには通じず、ついにシャリバンも腹をくくったような様子。シャリバンはスーツを破壊されつくされ機能を失い、愛車を呼ぶ声も途絶え、そして力も尽き・・・ついにお陀仏。

宇宙刑事 シャイダ― ヤラレ ピンチ 爆破 ヒーロー 戦士

となってほしいけど、そうは問屋が卸さず、ようやくモトシャリアンが到着。

宇宙刑事 シャイダ― ヤラレ ピンチ 爆破 ヒーロー 戦士

レーザー光線から逃れることができ、シャリバンは脱力。なんとかピンチを脱することに成功。ただただラッキー。

ここではシャリバンは一方的に攻撃を受け続けながらも抗う術もなく、ただ愛車の名前を呼ぶだけというやられっぷり。ヒーローの無力感にそそられるヤラレ/ピンチ場面です。それにしても、スーツの爆破がCGでなく本物なのはヤラレ演出としては最高。


⇒「宇宙刑事シャリバン」の動画を見てみる。

関連記事
スポンサーサイト



スポンサーリンク

気に入ったらシェア!

大和
この記事を書いた人: 大和
特撮ヒーロー作品鑑賞が趣味です。やられや敗北、珍しい展開など印象に残った場面を、時に想像を入れて取り上げています。

各記事の最後にある「拍手」や「いいね」、シェアしてもらえると、励みになります。

コメント2件

コメントはまだありません

和也

No title

この時代のやられは、結構おしいとこまで行きますよね。
シャリバンは、やられ声も好みです♪
メタルヒーロー、またテレビでやって欲しいですね。

2015年06月16日 (火) 19:41

大和

Re: No title

コメントありがとうございます。
今はCGの多用や変身前の役者重視もあって、確かにこの時代のようなやられ減りましたね。
言われるように、そろそろメタルヒーローの新作を見たいものです。

2015年06月20日 (土) 10:27