趣味的特撮ヒーロー観賞。
大和

特撮ヒーローがやられる場面や敗北場面、珍しい場面などを時々想像を交えて画像で紹介

目をやられたグリーンフラッシュ、戦隊ヒーロー稀少演出 

2016年02月27日
特撮ヒーローの敗北、やられ場面 3
敵の出現に揃ってバイクで緊急出動した戦隊ヒーロー、フラッシュマン。密かに待ち伏せしていた敵怪人は彼らに向けて怪光線を放った。不意を喰らい慌てるフラッシュマンたち。敵の光線は運悪くグリーンフラッシュの目をを直撃し、バイクから転倒。

戦隊 ヒーロー やられ ピンチ フラッシュマン グリーンフラッシュ
戦隊 ヒーロー やられ ピンチ フラッシュマン グリーンフラッシュ

目をやられたグリーンフラッシュ。敵の攻撃によって、ヒーローが一時的に失明してしまうという展開は特撮ヒーロー作品では時々あるけど、このグリーンフラッシュの場合は特異。目は見えるけれども、その見え方が上下逆さになるという状態。想像すると、これは結構深刻。

戦隊 ヒーロー やられ ピンチ フラッシュマン グリーンフラッシュ

見えるものが逆さだと、ヒーローとはいえ戦えない。もちろん敵はそこを衝いてグリーンフラッシュに襲い掛かる。

戦隊 ヒーロー やられ ピンチ フラッシュマン グリーンフラッシュ
戦隊 ヒーロー やられ ピンチ フラッシュマン グリーンフラッシュ

敵の女戦士も加わり、グリーンフラッシュを痛めつける。グリーンフラッシュのやられは続く。



スーパー戦隊Walker

戦隊 ヒーロー やられ ピンチ フラッシュマン グリーンフラッシュ
戦隊 ヒーロー やられ ピンチ フラッシュマン グリーンフラッシュ

グリーンフラッシュは抗うこともできず、敵に翻弄され、ただボコボコにやられるだけ。

戦隊 ヒーロー やられ ピンチ フラッシュマン グリーンフラッシュ
戦隊 ヒーロー やられ ピンチ フラッシュマン グリーンフラッシュ

グリーンフラッシュのピンチに、フラッシュマンたちはこの場は退却。
そして再び迎えた敵との対決の日。変身時に金属製と思しき目隠しを装着してから「シャットゴーグル!」。目隠しをすることで、敵の光線から目を守るというのだ。「みんなっ、敵の動きを耳で感知するんだっ!」

戦隊 ヒーロー フラッシュマン マスクオフ シャットゴーグル
戦隊 ヒーロー フラッシュマン マスクオフ シャットゴーグル
戦隊 ヒーロー フラッシュマン マスクオフ シャットゴーグル
戦隊 ヒーロー フラッシュマン マスクオフ シャットゴーグル
戦隊 ヒーロー フラッシュマン マスクオフ シャットゴーグル

目隠しをしていても、さすがはヒーロー。やられることもなく通常と変わらぬ戦いっぷり。頃合いをみて、レッドが指示を出す。「目隠しを取るんだ!」

戦隊 ヒーロー フラッシュマン マスクオフ シャットゴーグル

ここで、ゴーグルを開いて目隠しを取るという戦隊ヒーローでは珍しい演出が。さらに面々はゴーグルを開いたまま、見えるようになってスッキリした気持ちを表現。なかなか凝ってます。

戦隊 ヒーロー フラッシュマン マスクオフ シャットゴーグル
戦隊 ヒーロー フラッシュマン マスクオフ シャットゴーグル
戦隊 ヒーロー フラッシュマン マスクオフ シャットゴーグル
戦隊 ヒーロー フラッシュマン マスクオフ シャットゴーグル
戦隊 ヒーロー フラッシュマン マスクオフ シャットゴーグル

ただ、グリーンフラッシュは相変わらず視界は上下逆転した状態。このため特訓した逆立ちで敵に対抗。ベルトをずり落としながら逆立ちで戦う姿もヒーローものでは希少(笑)。

戦隊 ヒーロー フラッシュマン グリーンフラッシュ 逆立ち
戦隊 ヒーロー フラッシュマン グリーンフラッシュ 逆立ち

視界逆転という画期的な発想、そしてヤラレや本人スーツ、逆立ち攻撃と戦隊ヒーロー史上、珍しい趣向や演出が詰った回です(4話)


超新星フラッシュマン VOL.1 [DVD]


関連記事
スポンサーサイト



スポンサーリンク

気に入ったらシェア!

大和
この記事を書いた人: 大和
特撮ヒーロー作品鑑賞が趣味です。やられや敗北、珍しい展開など印象に残った場面を、時に想像を入れて取り上げています。

各記事の最後にある「拍手」や「いいね」、シェアしてもらえると、励みになります。

コメント3件

コメントはまだありません

SR

No title

毎週楽しいテーマでの画像upありがとうございます。

戦隊も40年の歴史のなかで、戦士の視界が上下さかさまになるのはありがちなシチュエーションの気もするのですが、実際はこれだけですね。善処策としての逆立ちで居続けるのがアクターさんにとって予想以上に酷だったのか、体操が得意なアクターさんが近頃いない、ということなのかもしれませんね。

2016年02月28日 (日) 10:04

大和

Re: No title

コメントありがとうございます。
昔の作品を観ていると新鮮に感じるものがちょくちょくあります。
言われるように人材の問題もあるのかもしれませんね。
ちなみに、この逆立ち場面をよくよく見ると、股の辺りから
吊られているような感じもします。
今ならたぶんCG処理かな。

2016年02月28日 (日) 11:07

-

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016年03月02日 (水) 10:36