趣味的特撮ヒーロー観賞。
大和

特撮ヒーローがやられる場面や敗北場面、珍しい場面などを時々想像を交えて画像で紹介

呪いに苦しみ、やられて倒れる銀の戦隊ヒーロー

2016年08月14日
特撮ヒーローの敗北、やられ場面 0
暴れている敵の前に、雄叫びをあげて、光沢が眩しい銀のスーツに身を包んだヒーローが登場。

戦隊 ヒーロー パワーレンジャー タイタニアムレンジャー やられ ピンチ

振り返ると、マスクの奥に精悍な顔が覗いていた。

戦隊 ヒーロー パワーレンジャー タイタニアムレンジャー やられ ピンチ

彼こそ、アメリカの戦隊のパワーレンジャーの独自戦士「タイタニアムレンジャー」なのであった。ベルトの巽家の家紋が示すように、ゴーゴーファイブの流れをくむ最強の6人目として、地球を侵略者の魔の手から守っているのだった。

戦隊 ヒーロー パワーレンジャー タイタニアムレンジャー やられ ピンチ

アゴを引くと”シャットゴーグル”。

戦隊 ヒーロー パワーレンジャー タイタニアムレンジャー やられ ピンチ

戦闘モードに入ったタイタニアムレンジャーは敵に勇猛に挑みかかっていく。
 
戦隊 ヒーロー パワーレンジャー タイタニアムレンジャー やられ ピンチ

しかし、タイタニアムレンジャーは深刻な問題を抱えていたのだ。

スーパー戦隊40作記念 TVサイズ主題歌集



優勢に戦いを進めていたタイタニアムレンジャーだったが、突如背中に激痛が走り、攻撃を止めてしまう。

戦隊 ヒーロー パワーレンジャー タイタニアムレンジャー やられ ピンチ

そこへ敵はすかさず反撃に出て、形勢逆転。タイタニアムレンジャーはやられる側に。

戦隊 ヒーロー パワーレンジャー タイタニアムレンジャー やられ ピンチ

敵はタイタニアムレンジャーの痛む背中を、容赦なく更に剣で斬りつけ痛めつける。

戦隊 ヒーロー パワーレンジャー タイタニアムレンジャー やられ ピンチ

これにはさすがのタイタニアムレンジャーもかなり堪えた様子。ヒーローのピンチ。

戦隊 ヒーロー パワーレンジャー タイタニアムレンジャー やられ ピンチ

タイタニアムレンジャーの抱える問題とは、この背中の痛みで、以前敵によって施されたコブラの呪いによるものなのだ。

戦隊 ヒーロー パワーレンジャー タイタニアムレンジャー やられ ピンチ

背中のコブラの刺青は、少しずつ下から上に移動し、最後は首に咬み付いて彼を死に至らしめる。コブラが移動する度にタイタニアムレンジャーに激痛をもたすのだ。

戦隊 ヒーロー パワーレンジャー タイタニアムレンジャー やられ ピンチ

敵に散々やられてダメージを受けてもなお、苦痛に耐えヒーローらしく立ち上がり、よろめきながらも敵に向かって行くタイタニアムレンジャー。

戦隊 ヒーロー パワーレンジャー タイタニアムレンジャー やられ ピンチ
戦隊 ヒーロー パワーレンジャー タイタニアムレンジャー やられ ピンチ

しかし、耐えるのも限界。ついに膝から崩れ落ちてしまった。

戦隊 ヒーロー パワーレンジャー タイタニアムレンジャー やられ ピンチ

動けなくなってしまったタイタニアムレンジャーに敵はトドメの一撃を放つ。

戦隊 ヒーロー パワーレンジャー タイタニアムレンジャー やられ ピンチ

タイタニアムレンジャーに命中し大爆発。

戦隊 ヒーロー パワーレンジャー タイタニアムレンジャー やられ ピンチ

爆発の黒煙が晴れると、瓦礫の上にタイタニアムレンジャーのくすんだ銀の身体が横たわっていた。ヒーロー敗北。

戦隊 ヒーロー パワーレンジャー タイタニアムレンジャー やられ ピンチ

今回取り上げたアメリカ版戦隊ヒーロー「パワーレンジャー・ライトスピードレスキュー」から6人目の追加戦士「タイタニアムレンジャー」のヤラレ場面などを選り抜きして独自ににつなぎ合わせてみました。スーツも装着者もカッコよく、やられも良い感じで好きなヒーローです。

戦隊 ヒーロー パワーレンジャー タイタニアムレンジャー マスクオフ
戦隊 ヒーロー パワーレンジャー タイタニアムレンジャー マスクオフ

パワレンといえば、2017(H29)年の新シリーズ、アメリカ版ニンニンジャー「ニンジャスティール」の戦隊5人が発表になりました。

パワーレンジャー ニンジャスティール ニンニンジャー 戦隊 ヒーロー


ブルーの人は、現「ダイノチャージ(キョウリュウジャー)」のブルーの実弟。兄貴にはそのときまで知らせずサプライズ。アメリカ人らしく感情むき出しで抱擁し合って涙涙。本家のニンニンジャーは個人的にはパッとしなかったので、次のパワレンに期待したいと思います。

『動物戦隊ジュウオウジャー』 キャラクターブック


関連記事
スポンサーサイト



スポンサーリンク

気に入ったらシェア!

大和
この記事を書いた人: 大和
特撮ヒーロー作品鑑賞が趣味です。やられや敗北、珍しい展開など印象に残った場面を、時に想像を入れて取り上げています。

各記事の最後にある「拍手」や「いいね」、シェアしてもらえると、励みになります。

コメント0件

コメントはまだありません