趣味的特撮ヒーロー観賞。
大和

特撮ヒーローがやられる場面や敗北場面、珍しい場面などを時々想像を交えて画像で紹介

戦隊ヒーロー、ゴーイエローが再三”爆弾虫”の餌食になってやられる

2018年09月22日
特撮ヒーローの敗北、やられ場面 0
非常事態が発生した救急戦隊の基地へ急行するゴーゴーファイブの男4人の行く手を敵の怪物が阻んだ。
「この先には行かせん!ここがお前らの墓場だぁ!」
怪物はこう言い放つと、口から気色悪い甲虫(こうちゅう)を吐き出した。虫はゴーゴファイブのスーツに取り付くと、いきなり爆発した。

戦隊ヒーローのゴーゴーファイブが敵の爆弾虫にやられる
戦隊ヒーロー、ゴーイエローが爆弾虫にやられてピンチ
戦隊ヒーローのゴーゴーファイブが敵の爆弾虫にやられる
戦隊ヒーローのゴーゴーファイブが敵の爆弾虫にやられる

4人がかりでも怪物に太刀打ちできず圧倒される。このままだと先へ進めない。そこで長兄は末弟ゴーイエローに離脱して基地へ急ぐよう指示した。ゴーイエローは妹らを救い出して、基地の壊滅を防ごうと急ぐ。
「そこまでだ、ゴーイエロー」
しかし、あとを追ってきた怪物に襲われた。

戦隊ヒーロー、ゴーイエローが爆弾虫にやられてピンチ
戦隊ヒーロー、ゴーイエローが爆弾虫にやられてピンチ

そのころ基地では、敵の策略によって入り込んだ甲虫が無数に散らばり、あちらこちらで爆発を起こし、その炎が燃料タンクに迫っていた。そのうえ、妹のゴーピンクと知人の少年が基地の一角に閉じ込められ、しかも、ゴーピンクは瓦礫の下敷きになって身動きできないという最悪の状況にあった

戦隊ヒロイン、ゴーピンクが爆弾虫にやられる
戦隊ヒロイン、ゴーピンクが爆弾虫にやられる

虫は動けないゴーピンクにも容赦なく取り付いて自爆を続ける。なんとか銃で対抗しようするも敵わない。

戦隊ヒロイン、ゴーピンクが爆弾虫にやられる
戦隊ヒロイン、ゴーピンクが爆弾虫にやられる
一方、ゴーイエローは怪物の圧倒的な力に翻弄されてやられるがまま。再び怪物は口を大きく開いて、例の虫をゴーイエローに向けて放った。

戦隊ヒーロー、ゴーイエローが爆弾虫にやられてピンチ

スーツに取り付いた虫をみて、ゴーイエローが「やばい」と思った瞬間、虫が爆発。ゴーイエローは大絶叫して、崩れ落ちた。

戦隊ヒーロー、ゴーイエローが爆弾虫にやられてピンチ
戦隊ヒーロー、ゴーイエローが爆弾虫にやられてピンチ
戦隊ヒーロー、ゴーイエローが爆弾虫にやられてピンチ

虫にやられたダメージで、地面でのたうちまわっているゴーイエローに、怪物はゆっくり近づくと、その大足で身体を力任せに踏みつけた。スーツは火花をあげ、マスク越しの表情が苦痛に歪む。

戦隊ヒーロー、ゴーイエローが爆弾虫にやられてピンチ
戦隊ヒーロー、ゴーイエローが爆弾虫にやられてピンチ
戦隊ヒーロー、ゴーイエローが爆弾虫にやられてピンチ

「絶対にゴーイエローが助けに来てくれる。信じてるんだ、僕」
怪物にやられている最中、無線を通じて、ゴーピンクと閉じ込められている少年の声が聞こえてくる。

戦隊ヒーロー、ゴーイエローが爆弾虫にやられてピンチ
戦隊ヒーロー、ゴーイエローが爆弾虫にやられてピンチ

そう言われると、ヒーローとしてはやられている訳にはいかない。ゴーイエローは機転を利かせて銃で反撃。なんとか怪物から逃れることができたゴーイエローは基地に到着。道具を取り出して、扉をこじ開けようとしているところに、虫が背中に取り付いた。

戦隊ヒーロー、ゴーイエローが爆弾虫にやられてピンチ
戦隊ヒーロー、ゴーイエローが爆弾虫にやられてピンチ

そして、爆発。ゴーイエローは、またもや甲虫の餌食に。ぐったり倒れているゴーイエローに、虫が次々と取り付いて自爆していく。ヒーロー危うし!このままやられてしまうのか。妹や基地の運命は如何に・・・。

戦隊ヒーロー、ゴーイエローが爆弾虫にやられてピンチ
戦隊ヒーロー、ゴーイエローが爆弾虫にやられてピンチ
戦隊ヒーロー、ゴーイエローが爆弾虫にやられてピンチ

今回、虫が超苦手な自分にはおぞましいやられ場面(笑)。甲虫の小道具にはそれほどリアルさはないけど虫が取り付く状況を想像するとゾッとしてしまいます。でも、スーツの爆発や透け面演出が多くて、全体としては気に入っている話のひとつ。特にこの回はゴーイエローの透け面の使い方が絶妙だと思います。【40話をもとに独自に再構成】


⇒【救急戦隊ゴーゴーファイブ】の動画をみてみる。



「マイ★ヒーロー」チャンネルなら見放題
↓↓↓

関連記事
スポンサーサイト



スポンサーリンク

気に入ったらシェア!

大和
この記事を書いた人: 大和
特撮ヒーロー作品鑑賞が趣味です。やられや敗北、珍しい展開など印象に残った場面を、時に想像を入れて取り上げています。

各記事の最後にある「拍手」や「いいね」、シェアしてもらえると、励みになります。

コメント0件

コメントはまだありません