趣味的特撮ヒーロー観賞。
大和

特撮ヒーローがやられる場面や敗北場面、珍しい場面などを時々想像を交えて画像で紹介

光V影のデスゲーム!ウルトラマンネクサスが黒い巨人にやられる!エネルギーを奪われ敗北!?

2018年12月23日
特撮ヒーローの敗北、やられ場面 0
ウルトラマンネクサスは、突如現れた二本角の黒い巨人(ファウスト)によって戦闘空間に引き込まれててしまった。
「ここは永遠の闇、”ダークフィールド”。光の存在である貴様に勝ち目はない」

ウルトラマンネクサスVS黒い巨人
ウルトラマンネクサスやられ


「はじめようぜ、デスゲームを」
そして、戦いの火蓋は切って落とされた。力は互角かと思われたが、それは最初だけ。すぐに、ネクサスは黒い巨人の力の前に劣勢に立たされてしまう。

ウルトラマンネクサスが黒い巨人にやられる
ウルトラマンネクサスが黒い巨人にやられる

ウルトラマンネクサスは、黒い巨人が矢継ぎ早やに繰り出してくる殴る蹴るの攻撃に手も足も出ない。

ウルトラマンネクサスが黒い巨人にやられる
ウルトラマンネクサスが黒い巨人にやられる
ウルトラマンネクサスが黒い巨人にやられる

ウルトラマンネクサスは一方的にやられ続けて、相当なダメージ。

ウルトラマンネクサスが黒い巨人にやられる

黒い巨人は火球を勢いよく空へ放った。空が光ると同時に上空から、火急が次々と雨のごとくネクサスに体に降りそそぎ、その体を爆撃。ネクサスは絶叫とともに地面に倒れ込んでしまった。

ウルトラマンネクサスがエネルギーを吸収されてやられる
ウルトラマンネクサスがエネルギーを吸収されてやられる
ウルトラマンネクサスがエネルギーを吸収されてやられる

「フフフフ。。。私は影。貴様が存在する限り、私が消えることはない」
黒い巨人は、火球にやられて地面で悶えているウルトラマンネクサスを見ながら、低い野太い声で言う。そして、ゆっくりとネクサスに近づくと、

広告

四つん這いになっているネクサスの腹を満身の力で蹴り上げた。

ウルトラマンネクサスが黒い巨人にやられる
ウルトラマンネクサスが黒い巨人にやられる

そして、黒い巨人は背後からネクサスの首に腕を回して身動きできないようにすると、

ウルトラマンネクサスがエネルギーを吸収されてやられる
ウルトラマンネクサスがエネルギーを吸収されてやられる

ネクサスの全身からエネルギーを吸収し始めたのだった。
「貴様を倒し、私の一部として取り込んでくれる。さらに無敵となるために。」

ウルトラマンネクサスがエネルギーを吸収されてやられる

カラータイマーも赤く点滅を始めた。
「ウフフフフ。。。アハハハ」
巨人は愉快気に笑い声を上げながら、ネクサスからエネルギーを吸い取っていく。

ウルトラマンネクサスがエネルギーを吸収されてやられる
ウルトラマンネクサスがエネルギーを吸収されてやられる

ネクサスは黒い巨人にやられるまま、エネルギーのほどんどを吸い取られ、ぐったりと地面に伏してしまった。

ウルトラマンネクサスが黒い巨人にやられる

黒い巨人はおもむろにネクサスを引き起こすと、首を締め上げ、残りのエネルギーを消耗させる。>
「脆すぎる。これが貴様の力か?」

301223-99.gif
ウルトラマンネクサスが黒い巨人にやられる
ウルトラマンネクサスが黒い巨人にやられる

ウルトラマンネクサスは限界寸前。巨人が手を離すと再び地面に倒れ込んでしまった。

ウルトラマンネクサスが黒い巨人にやられる


しばらく地面でもがいていたが、やがて動かなくなった。このまま敗北して巨人に取り込まれてしまうのか・・・。

ウルトラマンネクサスが黒い巨人にやられる
ウルトラマンネクサスが黒い巨人にやられる

これまで数々の異性獣を倒してきたウルトラマンと言えど、元は普通の人間なのだ。その体にいつ限界が来てもおかしくない。。。

ウルトラマンネクサスが黒い巨人にやられる

平成のウルトラマンシリーズのなかでは地味な存在の「ウルトラマンネクサス」。商業的には不発だったみたいですが、物語はもちろん、やられ場面も多くて個人的には好きな作品のひとつです。特にウルトラマンっぽい強敵(黒い巨人)が登場する展開はテンションが上がります。
【黒い巨人(ファウスト)が登場する7~12話のネクサスやられ場面を選抜&独自に再構成】


⇒【ウルトラマンネクサス】の動画鑑賞はこちらで。




⇒【ULTRAMAN】漫画本はこちら。(電子版の試し読みも)

関連記事
スポンサーサイト



スポンサーリンク

気に入ったらシェア!

大和
この記事を書いた人: 大和
特撮ヒーロー作品鑑賞が趣味です。やられや敗北、珍しい展開など印象に残った場面を、時に想像を入れて取り上げています。

各記事の最後にある「拍手」や「いいね」、シェアしてもらえると、励みになります。

コメント0件

コメントはまだありません