趣味的特撮ヒーロー観賞。
大和

特撮ヒーローがやられる場面や敗北場面、珍しい場面などを時々想像を交えて画像で紹介

憤怒する戦隊ヒーローのメガブルーが”殺人音波”に手も足も出ずにやられまくる

2019年11月30日
特撮ヒーローの敗北、やられ場面 0
青春真っ只中、高校生戦隊ヒーロー「メガレンジャー」のメガレンジャーは悲しみに沈んでいた。淡い思いを寄せていた少女(アンドロイド)が、自分を助けるために怪人が放った音波を浴び、目の前で殺害(破壊)されてしまったからだ。

戦隊ヒーロー、メガブルーが殺人音波にやられる

「許せないっ、ゼッタイ許せないっ」
いつもポーカーフェイスなメガブルーが、敵をギッと睨みつけ、憤怒の感情を露わにして言い放った。

戦隊ヒーロー、メガレンジャーのメガブルーが首絞めでやられる 戦隊ヒーロー、メガブルーが殺人音波にやられる

そして、武器を手にすると、「うおおおーーーーっ!」と雄叫びを上げながら、一目散に怪人のもとに突進した。敵の攻撃を受けても物ともせず、その腹へ一撃を見舞った。

戦隊ヒーロー、メガブルーが殺人音波にやられる 戦隊ヒーロー、メガブルーが殺人音波にやられる 戦隊ヒーロー、メガブルーが殺人音波にやられる

しかし、怪人の表皮は硬く、ほとんどダメージを与えられていない。メガブルーが戸惑いを見せた瞬間、怪人に首を両手でがっしりと掴まれ動きを封じられる。そして、怪力で投げ飛ばされてしまった。

戦隊ヒーロー、メガブルーが殺人音波にやられる 戦隊ヒーロー、メガブルーが殺人音波にやられる 戦隊ヒーロー、メガブルーが殺人音波にやられる

「大丈夫か、メガブルー」と、折よく他のメガレンジャーの戦隊仲間が駆けつけた。「揃ったな、メガレンジャー。殺人音波をくらえっ」
怪人はそういうと、左胸から超音波を放った。

戦隊ヒーロー、メガブルーが殺人音波にやられる 戦隊ヒーロー、メガレンジャーが敵の殺人音波にやられて苦しむ

すぐに、メガレンジャーたちは一斉に頭を抱え苦しみ始めた。激しい頭痛が5人を襲う。

戦隊ヒーロー、メガレンジャーが敵の殺人音波にやられて苦しむ 戦隊ヒーロー、メガレンジャーが敵の殺人音波にやられて苦しむ 戦隊ヒーロー、メガレンジャーが敵の殺人音波にやられて苦しむ

メガレンジャーは殺人音波を分析しようと試みるが、なぜかできない。音波に対抗する有効な手立てもなく、5人はやられるがまま。
「これは妨害ノイズを同時発信した特殊音波なのだ」と怪人はしたり顔でそういうと、さらに音波を強めた。「ぐアーーーっ」



⇒電磁戦隊メガレンジャー超全集

戦隊ヒーロー、メガレンジャーが敵の殺人音波にやられて苦しむ 戦隊ヒーロー、メガレンジャーが敵の殺人音波にやられて苦しむ 戦隊ヒーロー、メガレンジャーが敵の殺人音波にやられて苦しむ

メガレンジャーらの強化スーツは、敵の強烈な殺人音波による振動エネルギーに耐えられなくなり、時を同じくしてスパーク。そして、次々と爆発しはじめた。

戦隊ヒーロー、メガレンジャーが敵の殺人音波にやられて苦しむ 戦隊ヒーロー、メガレンジャーが敵の殺人音波にやられて苦しむ 戦隊ヒーロー、メガレンジャーのメガブルーが殺人音波にやられてスーツが爆発 戦隊ヒーロー、メガレンジャーが敵の殺人音波にやられて苦しむ 戦隊ヒーロー、メガレンジャーが敵の殺人音波にやられて苦しむ

殺人音波に手も足も出ないなか、怒りに燃えるメガブルーは事態を打開せんと一人怪人に飛び掛かっていく。しかし、あっけなく敵の一撃にやられてしまう。

戦隊ヒーロー、メガレンジャーが敵の殺人音波にやられて苦しむ 戦隊ヒーロー、メガレンジャーが敵の殺人音波にやられて苦しむ

「遊びは終わりだ。殺人音波でトドメを指してやる」と怪人は言うと、再び殺人音波を発射した。メガレンジャーらは、頭が割れんばかりの苦痛に七転八倒。

戦隊ヒーロー、メガレンジャーが敵の殺人音波にやられて苦しむ
戦隊ヒーロー、メガレンジャーが敵の殺人音波にやられて苦しむ

メガブルーは殺人音波にやられて意識が飛びそうになるなかで、傍らで仲間たちがもだえ苦しんでいるのを見ながら、件の少女のことを思い出していた。

戦隊ヒーロー、メガレンジャーのメガブルーが殺人音波にやられてピンチ 戦隊ヒーロー、メガレンジャーのメガブルーがやられまくる

このまま、やられるわけにはいかない。。。メガブルーは意を決して、再び怪人に向かって駆け出した。

戦隊ヒーロー、メガレンジャーのメガブルーが殺人音波にやられてピンチ 戦隊ヒーロー、メガレンジャーのメガブルーが殺人音波にやられてピンチ

怪人は殺人音波を走り迫るメガブルーに集中させ、容赦なく浴びかけた。
「ぐあああーーっ」
メガブルーのスーツが激しく爆発する。

戦隊ヒーロー、メガレンジャーのメガブルーが殺人音波にやられてスーツが爆発 戦隊ヒーロー、メガレンジャーのメガブルーが殺人音波にやられてスーツが爆発 戦隊ヒーロー、メガレンジャーのメガブルーが殺人音波にやられてスーツが爆発

ただでさえスーツの耐力が著しく低下していたところに、さらに殺人音波をもろに受けために、メガブルーは甚だしいダメージで限界寸前。怪人がフラフラしているメガブルーに近づいていき、「まずは、お前をあの女のところへ送ってやる」というや、いきなり顔面を殴りつけた。

戦隊ヒーロー、メガレンジャーのメガブルーが殺人音波にやられてスーツが爆発 戦隊ヒーロー、メガレンジャーのメガブルーがやられまくる 戦隊ヒーロー、メガレンジャーのメガブルーがやられまくる

起き上がろうとしていたメガブルーの首を、怪人は掴んで地面に押し倒すと馬乗りになった。そして、首を火花が散るほどの怪力で絞め始めた。

戦隊ヒーロー、メガレンジャーのメガブルーがやられまくる 戦隊ヒーロー、メガレンジャーのメガブルーがやられまくる 戦隊ヒーロー、メガレンジャーのメガブルーが首絞めでやられる 戦隊ヒーロー、メガレンジャーのメガブルーが首絞めでやられる

しばらく、メガブルーはうめき声をあげて、もがいていたが、しだいに意識が遠のいていき、やがて静かになり動きを止めた。そこへ、「てぃやーーっ」という声と共に、メガレッドの助けが入った。メガブルーが身を挺して怪人を惹きつけていた間に、他の4人は態勢を立て直したのだった。

戦隊ヒーロー、メガレンジャーのメガブルーが首絞めでやられる 隊ヒーロー、メガレンジャーのメガブルーが首絞めでやられる

メガブルーは限界を超えてやられたために戦線を離脱。朦朧とするなかで遠くで聞こえる仲間の戦う声に安堵すると、少女の顔を思い浮かべながら、そのまま意識を失ってしまった。

戦隊ヒーロー、メガレンジャーのメガブルーjがやられて敗北

今回はメガブルーの”弾着”仕掛けがもろ出しの激しいスーツ爆発が目玉?のやられ場面でした。このくらいだとパソコンの小さな画面でみても迫力があります。あとは首から火花が飛び散る演出も印象的です。この頃の作品はCGが最小限で、いい時代ですね。【※10話をもとに独自に再構成】


⇒「電磁戦隊メガレンジャー」の動画をみてみる。

 
関連記事
スポンサーサイト



スポンサーリンク

気に入ったらシェア!

大和
この記事を書いた人: 大和
特撮ヒーロー作品鑑賞が趣味です。やられや敗北、珍しい展開など印象に残った場面を、時に想像を入れて取り上げています。

各記事の最後にある「拍手」や「いいね」、シェアしてもらえると、励みになります。

コメント0件

コメントはまだありません